知多半島漫遊記

 
義翠窯
という窯元さんのところで、茶碗 と ぐい飲み を作ってきました。
茶碗は、飯茶碗を作るつもりでいたのですが... 見本として紹介された茶碗が、抹茶碗に見えるくらい大きな物で、抹茶碗を作りたいと勘違いされた模様...
結局、抹茶碗?を作りました。
まぁ、なかなか素敵な感じの形に仕上がりました。
茶碗の方には、貝釉(貝殻を砕いたもの)を、 ぐい飲みのほうには藻掛け(海藻を載せる)を施してもらうことにし、完成したら実家の方に送ってもらうことにしました。
また、一目ぼれしてしまった、朱泥焼(常滑焼の一種)の急須があったので購入してしまいました^^;

その後、やきもの散歩道をふらふらしていたところ、 坂の曲がり角の途中に薄暗い工房前で中から出てきたお爺さんに「暇なので、話し相手になってくれないか」と、声をかけられました。
当初の目的(作陶と急須の購入)を済ませ、面白いものが無いかフラフラしていたので、コレも何かの縁かと思い、話を聞くことにしました。
常滑焼きの歴史や、地元とのかかわりなど、普段聞くことができないような話を数時間にわたって聞かせてくれました。
別れるときに、名刺をいただき、個展を開くときに連絡してくれるとのことだったので、せっかくなのでこちらの連絡先を伝えることにしました。

名刺に書かれた名前から調べたところ...結構有名な方のようでした^^;

その後、友達に常滑駅まで迎えにきてもらい、ご飯を食べに いくことに。
はじめて、セントレアにいきました^^;
一人できたら、迷子になるのは確実だと実感しました...
まるは食堂にて夕食をとり、その後ボウリングに行くことに。
3ゲームやったのですが...もちろんビリ... 
球技はヤッパリ苦手ですb
え?スコア?聞かないで...
by langur | 2006-12-31 12:30 | ひとりごと
<< 近況報告 クリスマスプティング >>